鯨紀行

ブログ移転します

今後の更新はこちらで続けていきたいと思います。

雑記ブログ …… http://memo-k67.tumblr.com/
写真投稿  …… http://photo-k67.tumblr.com/
お酒関連  …… http://sake-k67.tumblr.com/

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by whisp | 2014-01-01 16:23 | 日記

2013年も暮れてゆく

2013年も終わりに近づいてきたので、今年を振り返ってみようかと思ったのだけれども、なんというか、今年はあまりパッとしなかったなあ、という印象がまず出てくるところがどうにも困った。なんというか、何も生み出せていないというか。これは仕事でもプライベートでもどちらもなのだけれど、特に仕事が酷かった。まあ、仕事のことは忘れよう。

とりあえず今年あったイベントを並べてみる。こういう時、日記をつけていない最近はちょっと困る。やはり簡単にでも日記をつけるべきだろうか。


●定期検診の結果が思わしくなく、本格的に医者にかかることに

昨年悪かった肝臓の数値が、今年は更に悪化して流石にマズいということで、一度しっかりと医者に診てもらうことにした。これは結局は原因不明で経過観察ということになったのだけれども、数値が悪かったのは前日か前々日あたりの運動による影響なのでは、ということだった。その後の再検査では正常域まで戻ってきているので。

この歳になって思うに、30過ぎたら一度はしっかりとした検査を受けてみるべきだなあ、と。その後は3年ごとくらいで良いと思うのだけれど。今回は胃カメラと超音波エコーで内蔵を色々と見たのだけれど、自分の体がこうなっているのか、と意識するには良いイベントだったと思う。胃カメラ、凄い辛かったけれども。

軽い胃潰瘍と逆流性食道炎がまだ残っているようなので、暫くは注意しないと。


●アイスランド旅行

一番大きなイベントだったと思う。一生に一度は見たいと思っていたオーロラ、しっかりと肉眼で見ることができた。そして本当に圧倒的な大自然。自然でも都市でも、日本では味わえない空気感。新しい感覚をたくさんもらったような気がする。

為替の影響でかなりレートが厳しくなってきていたけれども、まだ何とかなる時期だったのも救いだったかな。多分もう二度と行けないと思う。物価的な面で。


●写真と酒と自転車と

今年も相変わらず、写真と酒と自転車で色々と楽しむことができた。写真は車でちょっと遠出して撮影、なんてことも結構やってみた結果、三脚の使い方や撮影にあたっての色々な経験が積めたようだ。まだまだもっと撮らないと上達はしないので、たくさん撮っていこうと思う。

そして酒、特にモルト。つい先日も楽しい酒の会を楽しむことができたが、今年も本当にモルト仲間に感謝。最近の酷い高騰っぷりには辟易するけれども、そんなときこそ酒を楽しむために集まれる人たちがいることが嬉しい。来年は何か皆さんを唸らせられるようなボトルを提供できたらなあ。

自転車は、今年は悔いが残ったのは乗鞍に行けなかったこと。旅行の予定や台風の影響で行くタイミングを逃したのが残念。その代わり、いわきや静岡へのロングライドや信州マルス~諏訪のライドは成功させられたので、これらは良い思い出。来年もまた目的地を見つけてあちこち走りまわりたい。


大きな項目としてはこれくらいだろうか。もう少し、いろいろなことにチャレンジしてみないといけないのではないだろうか……という気になってくる。これは、何か目に見える形として残るものが無いからなのかもしれない。例えば写真だったらアルバムだったり。

来年はその辺もう少し考えてみようか。


●来年以降のブログについて

さて、こうして長年続けてきた当ブログ、ちょっとあまりにも内容が雑多になってきたので、更新はここまでにしようと思います。今後はTumblrでテーマごとにブログを分けて管理していこうと思い、来年からそちらに移行します。


雑記ブログ …… http://memo-k67.tumblr.com/
写真投稿  …… http://photo-k67.tumblr.com/
お酒関連  …… http://sake-k67.tumblr.com/

それでは、来年もどうぞ宜しく。
良いお年を。
[PR]
# by whisp | 2013-12-31 10:47 | 日記

磯野宏夫氏の個展へ

c0005102_22103390.jpg
磯野宏夫氏の遺作展へ行ってきた。


自分にとっては聖剣伝説2のパッケージで初めて出会った世界。そしてその後も、自分が大きな影響を受けたことは間違いなく、改めてその世界に触れることができて本当に嬉しかった。

c0005102_221044.jpg
展示場はこぢんまりとした一室だったが、途切れることなく人が詰めかけ賑わっていた。それだけ多くの人に知られていたというのは、やはり不思議な魅力があるからなんだろうな。

c0005102_22101429.jpg
やはりというか、特に人が集まったのは聖剣伝説の絵が飾られた一角。B1サイズやB2サイズの大きな原画であの絵を見ると、本当に吸い込まれそうになる感覚だった。樹木の肌の細かい模様とか、空に描かれた細かい点描のグラデーションとか、そういうのが集まって全体の迫力が出ているのに気づくと、またどんどん好きになれる絵だった。

聖剣シリーズを通して、独特の色合いや雰囲気を持った世界に魅了された人は多かったと思う。実際、個展に置かれたノートからは自分と似たような人たちが多く来ていることが読みとれ、小学・中学の頃の懐かしい思い出を運んでくれた。

今も久々に聖剣2の音楽を聞き直している。憶えている曲も、ほとんど忘れていた曲も、どれもが懐かしいものばかり。本当に、昔から変わっていない根っこの部分がおさえられているんだな。


最後に、磯野氏のご冥福をお祈り申し上げます。
どうかやすらかに。
[PR]
# by whisp | 2013-12-15 22:15 | 日記