鯨紀行

【輪行】乗鞍ヒルクライム

小径車で行く輪行の旅。今回は、ついに、乗鞍に行って参りました。

乗鞍は自転車の聖地と言われていますが、それは主に次の点によるものでしょう。

・日本の道路の最高地点がある(畳平:2702m)
・通年マイカー規制で、上まで行ける乗り物はバス、タクシーと自転車のみ

これは一度は行かなければ、と思っていましたが、ふと木曜日に「次の土曜にでも行くか」と思い立って、あれこれルートを考案。案の定、宿なんかは全滅だったため、ならば1日で、ということで行って参りました。

「出発は日の出前」
暑くなる前に走り出したかったので、前日に松本付近のネカフェに入る。起床は4時半。準備して朝食摂って5時半スタート。

「登って登って登って。。。どこまで登るんだよ」
2時間半ほどで乗鞍高原(標高1500m)到着。ここから先が乗鞍エコーライン。マイカー規制されており、大型バスが数台出発しています。

補給と休憩をして、いざ出発。2700mの頂上目指して、登ります。
登ります。
とにかく登ります。
まだまだ登ります。
まだ……まだ……。
えー……。
あー……。
……。
…。


とまあこんな感じで登るわけですが、だんだん変わっていく景色を見たりして紛らわしつつ、ひたすらマイペースに漕ぎます。そして1時間50分後、ようやく畳平に到着。この瞬間は、なんとも言い難い達成感と解放感でいっぱいです。

「さ、寒い……」
頂上の休憩所に着いた瞬間、強烈な寒さが。午前10時の気温は10℃。急いでウィンドブレーカを着て休憩所に避難。そのうち天気が良くなってきて、お日様がログイン。マジ神。

「ヒルクライムの次は」
山頂の剣が峰(3026m)まではここから徒歩で90分ほどらしい → よし行こう。
登山道はあるのだけれど、整備なんてされていない岩山で、正直かなり大変でした。90分ほどでなんとか登りきり、暫く岩に座ってぼけーっとしてました。

「雲くもくもくもく」
この日の山頂は晴れとはいっても雲が多く、見晴らしは良くありませんでした。その代わり、刻一刻と変わっていく雲が面白くて飽きなかったです。
斜面を下から雲が登ってくるのが見えたり、そのうち雲に包まれて涼しさが気持ちよかったり、いきなりガスったり、すぐにまた晴れ間が見れたり。どれも滅多にない光景でした。

「位置エネルギーは俺を裏切らない」
さて、帰りは下るだけです。そう、下るだけなんです。なんて素晴らしい。30kmほどの間、全く漕がなくてもOKでした。ホント、自分でも良く登ったなあと思いましたよ。
16時頃に松本駅到着。蒸し暑くて死にそうでした。乗鞍に引き返したくなった。

走行距離:126.2km
標高差 :2116m(+324m)

c0005102_14462236.jpg

c0005102_14463259.jpg

c0005102_14465245.jpg

c0005102_1447887.jpg

c0005102_1449468.jpg

[PR]
by whisp | 2010-08-08 14:52