鯨紀行

カメラ購入(NEX-5N)

年末にカメラを買った。ソニーのNEX-5n。いわゆるミラーレス一眼という奴。
c0005102_23283028.jpg


これまで使っていたのは、コンパクトデジタルの RICOH GRD2。自転車での旅行時はもちろん、その小ささから普段使いで重宝していたのだが、数カ月前に壊れてしまった。もっとも、最後は自ら分解して遊んでいたわけだが……。

そんな状況ながら、逆に写真を撮ることに興味が湧いてきたこともあり、性能の良いカメラが欲しくなった。個人的に重要視したのは、取り回しや持ち運びの良さ。大きなカメラは持っていくのが億劫になり、結果的に写真を撮らない状況になってしまうのでは本末転倒だろうと。

既にカメラというかレンズ沼の住人である、絵師の時雨さんに色々と相談しつつ、絞り込んでいったところ、候補としては、
・リコー GRD4
・ソニー NEX-5n
・富士フィルム X100
の3点に絞られたたが、結果としてNEX-5nを選択した。

X100は素晴らしいのだけれど、完成されすぎていて今ひとつ未来が明るくない。GRD4は撮影素子の小ささによるボケにくさと、折角なので違うカメラにしてみたい。そんな理由からNEXにした。

さて、ここで普通はキットレンズを買うのかもしれないが、少し違う方向に行ってみたいというか、いやむしろ時雨さんに唆されたというか……。

買ったレンズは Voigtlander Nokton Classic F1.4/40mm。単焦点のマニュアルフォーカスのレンズだ。ズームなし、オートフォーカスなし。普通のカメラのこともそんなによく知らないのに、また随分と変な方向に足を突っ込んだものだと思う。


とはいえ、撮れる絵はこれまでのコンデジとは全く別物なこともあり、色々試しみるうちに慣れてくる。ひと通り機能を試し、撮影に出かけているうちに早1ヶ月ほど。ちょっと色々と書き連ねておこうと思う。


まず、個人的にはこのサイズでも大きく重いと感じる。今までがコンデジだったからというのもあるが、取り回しのしやすさはやはりコンデジには適わない。自転車で出かける際にこれを持っていくのは、正直かなり躊躇する。とりあえず走っている最中に撮ることはできないし、なまじ良いモノであるため、ぶつけたり、汗や湿度も怖い。

走っている最中に撮るなら、キットのパンケーキレンズにすれば良いのかもしれないが、結局パンケーキレンズだけ持っていくのであれば、GRDでも十分すぎる。

また、マニュアルフォーカスは楽しいのだが、時々面倒になる。サッと取り出してパッと撮る、ができないことによるデメリットは上に同じ。


取り回しを良くするために、ショルダーストラップを付けた。斜めがけで、メッセンジャーバッグのように引っ張ると締まって固定してくれるタイプだ。これは中々に便利だが、撮影時は意外とストラップが邪魔になることが多い。特に縦撮りの場合。結局これは外してしまった。今はハンドストラップをつけている。

NEX自身の操作性は、慣れれば悪くは無いと思いつつも、細かい所で不満が多い。リングダイヤルはクリック感が抑え気味で、ついうっかり操作してしまうことが多い。タッチパネルは新機能で売り出していたが、邪魔なだけだったのですぐにOFFにした。

結局のところ、満足でもあり、不満でもある、といったところ。撮れる絵には満足ながら、不満点も思ったより多かった。また、自転車に乗るという自分のスタイルに合っていないところもあり、結局は性能の良いコンデジを買うことになる気はしている。

しかし、この絵を知ってしまうと、コンデジで満足できるのか、という思いもあるのだが……。悩ましい限りである。


すぐに他のレンズが欲しくなるあたり、既に沼に片足突っ込んだ状態だが、まずは今のレンズでとにかく練習してみたいと思う。カメラなんだから、撮らなければ意味が無い。撮りたい絵を撮れるように、まずは自分の腕を上げないと。

c0005102_23291617.jpg
暗めの室内でもキレイに撮れる。

c0005102_23292780.jpg
ボケ味が出しやすくて良い。
[PR]
by whisp | 2012-02-09 23:33 | 日記