鯨紀行

Voigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5

c0005102_20433577.jpg
ここ最近、マクロか中望遠くらいのレンズが欲しくなっていた所に、ディスコンとなったアポランターを安く見つけたので、勢いでゲット。フォクトレンダーで40mm、15mm と来ていたので、ここは是非とも揃えたいと思っていた。願ったり叶ったりである。


c0005102_2044242.jpg
90mmということで、APS-Cでは換算135mm。早速構えてみたら、あまりの画角の狭さに驚き。これは扱いが難しいぞ、と思ったものの、外に出て写してみると意外とそうでもないところが面白い。5mくらい先の被写体を、引き寄せるように捉えたりすることができる印象だ。


c0005102_20441967.jpg
これは最小距離の1mで開放のF3.5。中望遠でF3.5というのは、思ったよりもボケるものなのだな。


c0005102_20444149.jpg
画質はどうだろう。少し柔らかめの印象がある。開放では周辺光量落ちが少し目立った。逆光性能は、Nokton Classic に近い程度か。大きくは無いが、ぐるぐるボケの傾向もある。

今までのレンズに比べると2倍以上の長さがあるので、持ち運ぶのに少し勇気が要りそうだが、旅行の時などには是非持って行きたい。まずはこの画角と表現に慣れていかなくては。楽しくなってきた。
[PR]
by whisp | 2013-01-05 20:48 | 写真