鯨紀行

カメラバッグその後

c0005102_20222075.jpg
昨年9月に投稿した「ロード乗りとしてのカメラバッグ」について、どうやら検索で飛んでくる方が多いようなので、その後のレポートを載せたいと思う。

あれからロードバイクに乗る際には殆どいつも「エツミ カルディナ2S」を着用しているが、特に傷んだりする点も無く運用上は問題ない。懸念されていた部分などについて簡単にまとめると、

・内部の縫製のほつれは、処理しても相変わらず発生するものの、
 そこまで沢山でも無いので今のところは形状などに問題は無い。

・バッグ自体がカメラの重さに耐えられるのか、という点については全く問題なかった。
 通常、NEX-5N 本体とレンズ1本、財布と携帯など合わせて0.5~1kgほどを詰め込んでいるが、
 バッグの形状といった点については、殆ど気にすることなく取りまわせている。

・ウエストベルトはあまりキツ目にせず、逆にずり落ちない程度にゆったりさせた方が(自分には)良いようだ。
 締めると走っていてキツい感じがあるのと、バッグを手前に持ってくるのが大変。
 しかしダンシング時には少し揺れ幅が大きくなるので、そこはトレードオフ。

・スマホに変えたら左右のポケットには入らなくなった。
 4インチなら何とか入ったかもしれないが、4.3インチではアウト。
 今は左右にはフィルタ等を入れ、スマホは本体内部に仕舞っている。

・一度、20分ほど普通の雨に降られながら走行したことがあったが、
 内部まではほとんど水が染みて来なかったため、防水効果も悪くないようだ
 ただし、過信は禁物だろう。

・写真を見ていただければ分かる通り、ジャージのポケットを活かすことができない。
 財布などの薄いものであれば問題ないが、厚みが出るものは難しいだろう。
 ポケットを潰さない位置にバッグを持ってくるのは、正直難しい。
 自分は割りきって小物入れとしてのみ利用している。

といったところか。

改めて、個人的な感想ではあるが、総じて評価は高めだ。値段なりどころか、もっと出してもダメなバッグが多い中、とても健闘していると思う。自分はいつも、ミラーレス一眼&レンズ1~2本程度の持ち運びで考えているが、同じようなスタイルの人なら、気に入ってもらえるのではないかと思う。
[PR]
by whisp | 2013-01-19 20:24 | 自転車