鯨紀行

南インドの料理、ドーサを試す ~西横浜駅 36スパイス~

ここ最近、食べたことが無いものを食べたい欲求が高まっている。インド料理といえば漠然とインドカレーだよな、なんて思っていたのだが、所謂カレーカレーしているインドカレー(どんな表現だ?)は、主に北インドで食べられるものが多いのではないだろうか。

そこで、南インド料理に目を向けてみると、定番となっているのは「ミールス」。これは以前に「ケララの風」で頂いたことがあったが、「ドーサ」というのは食べたことがない。薄く焼いたクレープのような生地らしい。マサラドーサという料理で供されることが多く、その場合は生地の中に食材を入れて巻くのだそうだ。

さて、どこで食べられるかと思ったら、横浜から近い西横浜駅で36スパイスという店を見つけた。ここは元々「ドーサハウス」という名前だったそうで、ドーサを前面に出していたのならば間違いがないだろうと当たりをつけた。





c0005102_965450.jpg
西横浜駅なんて殆どの人は用事がないと思うが、その駅のすぐ側に、一見飲食店とは思えないような佇まいの店構え。営業しているのかも外からでは分かりにくいが、とりあえず扉を開けるとOKだったようだ。

c0005102_972427.jpg
ランチのドーサセットを頼むと、サラダ、ドリンクが並べられた。店内には既に香辛料の良い香りが立ち込めており、食欲を刺激される。この香りは、美味しい香りだ。

暫くするとマサラドーサがやってきた。


c0005102_91086.jpg
って、でかっ!!

想像以上にでかかった! 自分の肩幅と同じくらいある。40~45cmといったところだろうか。いや、コレには驚いた。大きすぎて写真に収まりきらないぞ。

付いてきたのは白いのがココナッツ・チャトニ、もうひとつが(あとで聞いたのだが)トマトと玉ねぎのチャトニ? だった。それにラッサム、というかベジタブルカレーも付いている。

早速ドーサを頂くと、薄手でパリパリしているが、噛むと結構な弾力があり美味い。味はほんのりと穀物らしい甘さだが、少しチーズのような乳製品っぽい風味もある。不思議な味わい。

ココナッツ・チャトニは意外にも辛さが結構あった。もう少しコクがあると良かったのだが。トマト・チャトニの方は辛さがほとんど無く、酸味と甘味がいいバランスを保っている。美味い。

c0005102_9103729.jpg
ベジタブルカレーは甘酸っぱく、そして結構辛い。人参、トマトとイモ類、そしてかぼちゃなども入っているドロドロっとしたカレーだが、味が濃厚かつ、香辛料のバランスも素晴らしい。これは美味い。

c0005102_911637.jpg
暫く食べ進めていくと、ドーサの中央に包まれた、ホクホクしたジャガイモのカレーに行き当たる。チーズっぽい香りはここから来ているようなのだが、とにかく美味い。チャトニと混ぜあわせても良い味になり、不思議な触感と食べたことが無い味わいを思う存分楽しめた。薄手ながらかなり食べごたえもある。

今回、インド人に倣い右手だけで食べ進めてみたのだが、これは難しかった…。最後の方まで何とかいけたものの、ジャガイモが入った所に到達すると、右手だけでちぎれずに、あえなく左手で少し抑えることに。修行が必要だ。

注文から実際に来るまでに少し時間がかかるのと、食べるのにも結構時間がかかるので、慌ただしい平日ランチには向かない。時間に余裕をもって、ゆっくりと味わうと決めた時に行くのが良いと思う。

マサラドーサ、不思議な体験でした。ごちそうさまでした。
[PR]
by whisp | 2013-03-24 16:00 | グルメ