鯨紀行

オーロラの下で -北アイスランド-

アイスランド旅行で一番見たかったもの、オーロラ。英語では Northern Lights と呼ぶらしい。

初めての土地で、見たことのないオーロラはどうやったら見れるのかと考えていたが、現地で夜に出発するツアーが幾つかあったので、それに参加した。

最初のツアーでは、街にいるときは雨だったので期待できなかったのだが、バスは出発。疲労もあり、どうせ見れないだろうとテンションが低かったのだが、しばらくすると「オーロラが見え始めたぞ!」という車内のアナウンス。一気にテンションが上がる。

c0005102_20153531.jpg
が、見えたのは「本当にあれがオーロラ?」というくらい、良くわからないものだった。雲間に何となく街の光のようなものが見えるだけ。正直ガッカリ。こんなものなのかと、とりあえず写真に収めた後でまた場所を移動。

c0005102_20155591.jpg
次の場所で暫く待っていると、またオーロラが見え始めた。先ほどよりもかなり鮮明に見えてくるが、雲が多い。「晴れろ晴れろ…」と思っていたら、段々と雲が少なくなってきた。と同時に、オーロラも段々と強くなってくるのが分かる。

c0005102_2073364.jpg
ここまでくればハッキリと分かるくらいのオーロラに、一同歓声を上げる。自分も凄い凄いと言いながら、夢中になってカメラのシャッターを切っていた。

c0005102_207345.jpg
遠くに見えていたオーロラは、次第に天頂から降り注ぐような、見事なオーロラバーストに。風になびくカーテンのように、パタパタと激しく動く様子は、しかしすぐに弱まり、雲も出てきて見えなくなってしまった。

でも本当に見えたんだ、夢じゃなかったんだと、しきりにカメラを確認しては感動しっぱなしだった。わずか30分ほどの短い間だったけれど、宇宙からのワンタイム・ショーを見られた幸運に感謝。
[PR]
by whisp | 2013-11-05 20:20 | アイスランド