人気ブログランキング |

鯨紀行

カテゴリ:グルメ( 4 )

北インド料理@目黒ルソイ

c0005102_21192020.jpg
呑みではなく食事をすることをメインに、インド料理の店に行こうという話に。そうとなれば、是非行ってみたかったのが、目黒にあるルソイ。インド料理の店としてはかなり有名らしいのだが、さてどんな料理を出してくれるのか、とても楽しみにしながらいざ来店。


c0005102_2135626.jpg
インドビールで軽く乾杯。
タイプはピルスナーに近くスッキリしていたけれど、後味に出てくる甘い風味のコクが旨い。カレーにはビールはあまり合わないと思っているので、この一杯だけ。カレーは後半にまわして、前菜などはビールに合わせた料理をチョイス。

c0005102_21475.jpg
サモサ。中はジャガイモとグリーンピース、あとはレンズ豆? これらスパイスで炒めたものが入っている。かなり大きく、スパイスしっかり。ソースはトマトチリで結構甘め。ミントが定番かと思っていたので、ちょっと意外に思えた。

c0005102_2141456.jpg
「クーーッ! このシークカバブ、コリアンダーが練り込まれて絶妙だな」
まさにこれ。旨味が凝縮されている。ヤバい。

c0005102_2142969.jpg
「このダルマクニも最高だな」
豆カレーのダルマクニと、定番のバターチキン。正直、予想以上の旨さだった。比較的甘めなカレーであり、確かに口に含んだ瞬間は落ち着いた味わいだが、奥にしっかりとしたスパイスの辛さが構えていて、全体的としてバランスが良い。
更にナンやバスマティライスとの相性も良く、もう一口、もう一口、とついつい止まらない。

メニューは北インドの定番なものばかりだけれども、総じてレベルが高く、そこらの店とは一線を画している。評価が高いのは納得、といったところだった。カレーは全体的に辛さを出す傾向らしいが、今度は辛めのカレー、特にマトンあたりを試してみたい。

ごちそうさまでした。
by whisp | 2013-07-24 23:00 | グルメ

南インドの軽食をいろいろ試す

大森に寄ったので、昼は南インド料理を試してみた@ケララの風II
以前来たときは、定番のミールスだったので、今回は食べたことのないティファンの品々を。

c0005102_831477.jpg
ワダ(Vada)
ひき割りの豆をベースに、玉ねぎ、青唐辛子、生姜などが入ったドーナツ的なもの。食べてみると、なんだろう、食感も味も豆腐でこんな料理があったような気がする。

c0005102_832525.jpg
イドゥリ(Idli)
同じく豆をベースに、米と塩を加えて発酵、蒸し上げたパン。ほんのり酸味のあるお菓子的な感じだけれども、本来はもっと酸味があるんじゃないかな。食べやすくしているように思えた。わからないけれども。んー、そこまで味が無いこともあって普通。

c0005102_833550.jpg
ウップマ(Uppma)
スジという小麦粉を練り上げたもの。中には青唐辛子、カシューナッツ、生姜、玉ねぎなどが入っている。カシューナッツのザクザク感と甘み、生姜の辛味が不思議な味わいを創りだしていて美味しい。一番気に入った。

c0005102_834249.jpg
ウッタパム(Uttapam)
豆と米の生地にトマトやカレーリーフを乗せたピザのようなもの。なかなか辛い。普通といえば普通。


それぞれサンバル(今回はオクラと大根)、ココナッツチャトニが付いてくるので、それらと合わせて食べるとまた変わった味になって面白い。特に、この店のココナッツチャトニは素晴らしいレベルなので、それだけでかなり満足感がある。

お腹すいていたから全部食べれたけれど、4つともなると結構ボリュームがあったので、軽食レベルじゃ無かったな…。
ごちそうさまでした。
by whisp | 2013-04-21 20:00 | グルメ

鰯とウイキョウのブカティーニ

ここ最近、気になっていたシチリア料理。その中でも定番と云われるのが、鰯とウイキョウ(フェンネル)を使ったパスタなのだそうだが、ウイキョウというのがそもそもどんな味なのかサッパリわからず。これは一度食べてみないと、と思い立ち、空いてそうな平日のランチにイタリアレストランに行ってみた。

写真撮れば良かったのだけれど、ちょっとこの日はカメラを持ってこれなかったので写真なし。

向かったのはあざみ野にある「カレット」というシチリア料理店。ランチでこのメニューが食べられる近くの店……となるとここが一番良さそうだったので。

さて、注文後に早速並べられたのはアンティパスト(前菜)。「カポナータ」「鯛のカルパッチョ、オレンジ添え」「ほうれん草のオムレツ」の3点。オムレツはどうか分からないけれども、前2品はシチリア料理の定番。

カポナータはトマトとナスなどの野菜を甘酢っぱい風味に仕上げたもので、軽く食べられるがしっかりとした味わい。
カルパッチョは、オレンジの風味で味わうというのが個人的には経験したことのなかったので、とても新鮮に感じられた。レタスの下には自家製らしいピクルスもあり、様々な味わいが楽しめた。
パンも添えられており、どれもミニサイズながら個性的で美味しい。

そしてパスタの登場だが、見た目には全く派手さは無い所が、まさしく郷土料理的な感じもする。さて、食してみると……んー、これはまさに鰯だ。だがなんだろう、香辛料やハーブの香りが凄いするわけではないのだけれど、鰯にしては爽やかな風味が付けられている。これがフェンネルなんだろうか。塩気も強すぎず、鰯のくさみなども特になく、割りと素朴ながら美味しい味だ。ケッパーやレーズンも見えるが、どれもそこまで主張はしていない。あくまでメインは鰯だ。パスタはブカティーニで太め。アルデンテで茹で上げてあり、なかなか食べごたえがあった。

ドルチェは2品。オレンジムースとリンゴタルト。特別な味わいではないが、美味しく頂いた。

食後にエスプレッソを頂きながら、他のお客もいなかったため、オーナーシェフと話すことができた。フェンネルはシチリアでは道端にいくらでも生えている草なのだが、やはり日本では普通には手に入りにくいそうだ。

「薬っぽいですよ」と言われながら、実際にフェンネルの種の香りを嗅がせてもらったのだが、確かに薬っぽいが、薬品っぽいわけではないというか……。漢方にも使われるそうなので、ああそれならなんとなく分かる、という感じだった。とにかく爽やかな香りがして、個人的にはかなり好きな香りだった。

「この香りがシチリア料理の特徴で、逆に言うとなんでもこの香りでシチリアっぽくなる」そうだ。簡単に手に入ればいいのだけれども、流石に難しそうだ。デパートなどで定常的に手に入るところはあるのだろうか。

いやはや、勉強になりました。そして、料理も美味しかったので満足。正直、普段の昼食から考えると値段は相当張っているのだが、やはり一度は体験してみないと。来てみて良かった。

ごちそうさまでした。
by whisp | 2013-03-25 20:00 | グルメ

南インドの料理、ドーサを試す ~西横浜駅 36スパイス~

ここ最近、食べたことが無いものを食べたい欲求が高まっている。インド料理といえば漠然とインドカレーだよな、なんて思っていたのだが、所謂カレーカレーしているインドカレー(どんな表現だ?)は、主に北インドで食べられるものが多いのではないだろうか。

そこで、南インド料理に目を向けてみると、定番となっているのは「ミールス」。これは以前に「ケララの風」で頂いたことがあったが、「ドーサ」というのは食べたことがない。薄く焼いたクレープのような生地らしい。マサラドーサという料理で供されることが多く、その場合は生地の中に食材を入れて巻くのだそうだ。

さて、どこで食べられるかと思ったら、横浜から近い西横浜駅で36スパイスという店を見つけた。ここは元々「ドーサハウス」という名前だったそうで、ドーサを前面に出していたのならば間違いがないだろうと当たりをつけた。

Read More...
by whisp | 2013-03-24 16:00 | グルメ