鯨紀行

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夕暮れの太陽

c0005102_832314.jpg


c0005102_833051.jpg
そして夏も終わっていく。
[PR]
by whisp | 2013-08-26 23:02 | 写真

太陽の花

c0005102_755431.jpg


c0005102_7555437.jpg

ひまわりを見ると、夏らしさも倍増。
もうすぐ夏も終わりですけれども。
[PR]
by whisp | 2013-08-26 23:00 | 写真

夏の花

c0005102_7495459.jpg
朝陽に輝く夏の花。
[PR]
by whisp | 2013-08-25 07:52 | 写真

祭りの屋台たち

c0005102_23264786.jpg
イカちゃん。

c0005102_23281680.jpg
手際の良さがに惚れ惚れ。

c0005102_2329177.jpg
行列の出来る屋台。
[PR]
by whisp | 2013-08-15 23:25 | 写真

夏祭り

c0005102_232405.jpg


c0005102_23244476.jpg


c0005102_23242756.jpg

[PR]
by whisp | 2013-08-14 23:21 | 写真

シングルモルト ブーム

c0005102_1620682.jpg
シングルモルトのブームは、いつ頃から、何がきっかけで始まったのだろう。

自分がシングルモルトというものを知ったのは2005年頃だったか。本当にたまたま、呑んでみたら美味かったのでハマったのだが、その前後からシングルモルトの知名度がかなり上がってきたように思われる。もちろん自分が知る前からシングルモルトはあったのだが、ブームになってきたのは2000年代前半なのではないだろうか。

大抵、ブームになるには何かしらのイベントがあると思う。例えば、何かの賞を取ったとか、新しい銘柄が人気を博したとか、そういうものがシングルモルトにもあったのだろうか。

日本で言えば、サントリーあたりがハイボールを強烈にプッシュするようになったあたりが、ウイスキーの裾野を広げ、シングルモルトに流れる人も増やしたと言えるのかもしれない。いや、全く根拠は無いけれども。何となく時期的には近かったのではないかと思った。

しかし、スコッチのシングルモルトの出荷量は全世界的なものらしい。となると、新興国の富裕層が増えたことだろうか。または、インターネットによる情報伝達の革命によって、よりニッチな嗜好に流れる人が増えたことだろうか。もしかしたら、全部なのかもしれない。

個人的には、何かしらのわかりやすいイベントごとがあった方が、後々に伝説的な話が出来そうで面白いのだが。実際は至極普通な、形の見えない、そして大企業によって操作されたものが原因なのかもしれない。
[PR]
by whisp | 2013-08-11 19:19 | 日記