鯨紀行

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

残されたもの

c0005102_1434832.jpg
みんな海に帰ってしまったのに。
[PR]
by whisp | 2013-09-28 23:32 | 写真

光の滝

c0005102_14313631.jpg
光と共にこぼれ落ちたら、その先はどこへ行ってしまうのだろう。
[PR]
by whisp | 2013-09-27 22:29 | 写真

トライアングル・ブルー

c0005102_9311528.jpg
青の世界への入り口はこちら。
[PR]
by whisp | 2013-09-25 22:00 | 写真

復興の狼煙

c0005102_9283874.jpg
今こそ船出の時!
[PR]
by whisp | 2013-09-24 23:00 | 写真

インド料理 プルニーマ

いわきに行ったら、是非食べてみたかったインド料理屋がある。

インド料理 プルニーマ

訪れた時間がランチには少し遅く、店主が少々気まぐれな方らしいので、やっているかどうか不安だったのだが、この日は運良くオープン中。更に客は自分たちだけということで、料理も丁寧に作って頂けた。

注文してからスパイスを挽いていたらしく、ミルの音が聞こえたりもしながら、出来上がりを待つこと20分少々だったろうか。流石に時間はかかったが、チャイを頂きながらアレコレ話していたこともあって、あっと言う間だった気がする。

今回頼んだのは、バターチキンと凄い辛さと話題のマトンカシミーリ。

c0005102_953596.jpg
まずマトンカシミーリを頂くと、比較的酸味の効いた味わいから始まって後半に凝縮された辛さがやってくる。でも、そこまで強い辛さではなく、非常に良いバランスでしっかり辛い、といった印象だ。というかこれはめちゃ美味い。酸味はトマトによるものだと思う。土台となる玉ねぎとトマトのソース部分がしっかりしているおかげで、スパイスの香味やマトンの味わいが引き立っている。

c0005102_9531666.jpg
バターチキンは当然ながら優し目の味わいなのだが、一口食べて驚いたのがその清涼感ともいえるサッパリした味わい。これは多分グリーンカルダモンと生姜が効いているのだと思う。バターチキンは、ともすれば甘いだけのカレーになりがちだが、なるほどこの味の引き出し方は意外だが納得の出来栄えだった。チキンもかなり多めで食べごたえもある。

c0005102_953305.jpg
思った以上にボリュームもあり、しっかりお腹も満足。サービスでデザートにハルワまで頂いてしまった。チャイを頂きながら店主といろいろとお話もできて、インドを堪能できた。

他にも食べてみたい料理もあったし、またいわきに行った際には是非とも寄りたい。
ごちそうさまでした。
[PR]
by whisp | 2013-09-23 13:00 | 日記

アクアマリンふくしま

c0005102_9183426.jpg
アクアマリンふくしまは、親潮と黒潮がぶつかる福島の海をモチーフにした大水槽が一番の見どころ。鰹や鯖などが泳ぎまわる中に、イワシが群れを作って身を守ろうとしている海の姿を見せてくれる。

他にも、トドが3頭、水槽狭しと泳ぎまわっていたり、エトピリカが間近で見れたりと、様々な生態を見ることが出来た。都内の小さな水族館では味わえないビッグスケール。

c0005102_91807.jpg
まだまだ夏を感じさせるブルーの世界が心地よい。
[PR]
by whisp | 2013-09-23 11:00 | 写真

いわきへロングライド

福島はいわきまで230kmのロングライド。6号線をひたすら北上するというルートを選択した。この日はほぼずっと南風により追い風基調で、かつ車の流れもかなりあるため、ずっと追い風の恩恵を受けながらのライドとなった。これは楽だ。

6号線ってどう見ても高速道路じゃないか? という風景が何回かあって、自転車で入って良い道なのかと不安になることがしばしば。流石の幹線道路だが、その分車の流量もかなり多い。大型車もスピードを出してくるため神経を使う。

緩やかなアップダウンはあるものの、基本的には平坦路なのでそこまで辛い道という印象は無かった。思ったよりもコンビニや自販機が無かった印象だった。


さて、今回のロングライドでは食事に少し気を配ってみた。まず前日からカーボロードで普段よりも炭水化物を多めの食事にした。当日の食事と補給は以下の通り。


・納豆とご飯(300g)
・ひじきの煮つけ
・たまごパン(8枚切り1枚)
・バナナ小1本

約1000kcalほどか。

ライド中
・ハチミツをたっぷり染み込ませたパン(8枚切り1枚分)(400kcalくらい?)
・梅おにぎり (190kcal)
・ミニ羊羹2個 (178kcal * 2)
・昆布おにぎり (171kcal)
・森永 チョコモナカジャンボ (300kcal)
・スポーツドリンク 2.5リットル

2200kcal程度? 思ったよりも少ない印象。

まあ今回は心拍数もあまり上がらなかったし、そこまで暑さも酷くなかったので、これくらいでも十分だったのかもしれない。しかし、自転車のカロリー計算サイトでいくつか試してみると、消費カロリーは軒並み6000kcal程度になるのだが……。METS法や時間計算なども目安程度ということにしておこうと思う。個人的には、1時間で300kcalも使っていない印象。

秋晴れに追い風で気持ちいいロングライドができた。

走行距離 :230km
平均速度 :27.2km/h



[PR]
by whisp | 2013-09-23 09:16 | 自転車

奥多摩湖へ星空ライド

何故だか、星空を見に行きたい欲求が強まっていた。
本当はヒルクライムがしたかったのだけれど、台風18号の影響でどこにも出かけられず、陽が落ちていくにつれて焦りにも似た感覚が募る。

台風一過なら、青空もそうだが星も良く見えるのではないか? 早速色々と調べると、奥多摩湖あたりは光害も少なめで観測には向いているらしい。よし、行ってみるか。可能ならば柳沢峠まで行って、ヒルクライム熱も冷ましてこよう。

そんな突発的なライドだったが、結果は予想以上だった。

c0005102_2029432.jpg
奥多摩湖まで来ると、一気に見える星の数が多くなる。都会では星が見えない、とはよく言われていることだが、光が少ないだけでここまで見える星が増えるのか、と驚いた。

もちろん、月が出ていない方が良く見える。この日の月の入りはAM1:45頃で、丁度いい時間帯だった。

c0005102_20294373.jpg
その先の柳沢峠へ向かう道では、奥多摩湖周辺よりも更に一段、見える星が増える。ああ、星ってこんなにあったんだな、本当にたくさんあるんだな、なんて思いながら、満点の星空の下をゆるゆると登っていった。

しかし、光が少ない=道が見えないということなので、本当に神経を使うライドだった。台風の影響であちこちに樹の枝が散乱しているし、行ったことの無い道であれば尚更、不測の事態が起きるのではないかという不安でいっぱいだった。

結局、柳沢峠まで行くことは時間的にも厳しく、リスクも高いので中断した。道の駅たばやまの近辺で星空の写真を撮りつつ引き返し、そのまま家までトータル185kmとなった。


c0005102_20301066.jpg
左上あたりの線は、もしかして流星だろうか。全く予想もしていなかったので、写っているのを見て驚いた。


その他、久々のナイトライドで気づいたこと。

・夜は知らず知らずのうちにスローペースになる。同じ体感速度でも、昼間と比べると1割くらい遅い。近くしか見えないからだろうか。

・星空を見ながら走るのであれば、ダウンヒルよりもヒルクライムの方が良い。ダウンヒルではスピード面で空を見ている余裕が無い。もっとも、本当にキツいヒルクライムでは体力面で余裕が無いが。

・まだ夏だと思っていたが、0時をまわれば山のほうでは10℃ほどしかない。少し厚手のトップスを持って行かないと寒くて凍える。


朝帰りのちょっとした特別感は、この歳になっても健在であったなあ。
[PR]
by whisp | 2013-09-17 21:50 | 写真

ピコーン

c0005102_1192510.jpg
何か閃いた?
[PR]
by whisp | 2013-09-15 11:11 | 写真

空の色

c0005102_21195436.jpg
9月に入って、ようやく空がカラッと晴れることが多くなってきたように思える。
今年は激しい夕立ちが多いし、空模様が不安定でまともな夕焼けがなかなか見えなかった。

朝夕の空気はもうしっかりと秋を感じさせる。
気をつけていないと、合っという間に季節に取り残されてしまう。
[PR]
by whisp | 2013-09-11 22:17 | 写真